簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 料理 > 唐揚げ

唐揚げは糖質が少ない・ビタミンB6が代謝をよくする

鶏肉には、たんぱく質や脂質の代謝に働く、ビタミンB6が多く含まれています。唐揚げはフライや天ぷらに比べて、衣である小麦粉(糖質)が少なく、揚げ物の中では、意外とヘルシーです。脂身の少ない部位を使えば、ダイエットにも役立ちます。

唐揚げ

唐揚げの衣
唐揚げの衣は、フライや天ぷらと比較すると、小麦粉の量が少ないです。 唐揚げは、同じ鶏肉のチキンカツなどと比べれば、衣が薄いので、GI値、カロリーともに低いです。

油を減らすには
衣の面積が小さいほど、油の量を減らすことができ、カロリーも低くできます。 自分でつくる場合、同じ量の鶏肉を唐揚げにするなら、肉を大きく切ることで、衣の面積を小さくできます。

レモン汁
唐揚げ定食には、レモンが一切れ付いているのが定番です。 レモンに含まれる酸っぱい成分であるクエン酸には、糖質の吸収を緩やかにする効果があります。

マヨネーズ
唐揚げには味が付いています。マヨネーズを付けると、美味しいですが、カロリーが高くなります。 マヨネーズを付けたくなるのは、味覚が落ちているのかも知れません。 太ると味覚が悪くなって、味付けが濃くなる傾向にあります。

ビタミンB6
唐揚げには、鶏のモモ肉やムネ肉が使われます。 鶏肉には、たんぱく質や脂質の代謝に働く、ビタミンB6が多く含まれています。 ボディービルダーが、鶏のササミを食べるのは、脂身がほとんどなく、筋肉をつけるために最適だからです。

隠れ肥満
隠れ肥満の人は、体重は少なく、痩せて見えるが、体脂肪率が高いです。 隠れ肥満は、筋肉が少ないことが原因なので、改善するためには、脂身の少ない鶏肉を食べて、たんぱく質を摂ることも一つの方法です。