簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 料理 > ラーメン

ラーメンの種類と栄養価・太りにくい食べ方

ラーメンのカロリー、糖質、たんぱく質、脂質、食物繊維、塩分です。ラーメンは塩分量が多く、食欲を増進させる働きもあり、ライスや餃子の食べすぎには注意が必要です。スープを飲む際にレンゲを使うと太りやすくなります。

ラーメン

 目次
 1. ラーメンの種類と栄養価
 2. ラーメンの太りにくい食べ方
 3. 焼きそば・冷やし中華の太りにくい食べ方

ラーメンの種類と栄養価

ラーメンの種類とカロリー、炭水化物、たんぱく質、脂質です。
種類カロリー
(kcal)
炭水化物
(g)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
しょうゆラーメン 385 64 19.4 4.2
とんこつラーメン 410 66 19.3 5.2
チャーシューメン 418 65 23.1 5.8
みそラーメン 426 67 21.1 5.9
塩ラーメン 452 62 23.1 10.5
ワンタンメン 613 89 27.6 13.4
坦々めん 743 70 31.3 33.9
ちゃんぽん 546 64 28.5 16.1

ラーメンのGI値

中華麺のGI値は60で、白米やうどんに比べると低めで、腹持ちがよいです。 野菜の豊富なタンメンはGI値をさらに低くすることができますが、逆に、ワンタンメンは糖質を増やしてしまいます。

たんぱく質を摂る

チャーシューや卵は、カロリーは高めですが、たんぱく質を多く摂ることができます。 たんぱく質には、代謝を上げる効果があります。 シンプルなラーメンよりも、具が多い方がダイエット向きです。



ラーメンの太りにくい食べ方

細麺と太麺

細麺はスープを吸って水分が多いので、消化吸収がよいですが、太麺よりも血糖値を上げやすいです。 太麺は消化吸収が遅いだけでなく、噛むのに時間がかかって、食べるスピードもゆっくりできます。

つけ麺

つけ麺は熱くないので、早食いになりやすいです。 早食いは血糖値を急激に上げ、体脂肪になりやすいです。

レンゲを使うと太る

スープを飲むときにレンゲを使うと、脂肪を多く摂ることになります。 油分は、スープの表面に浮いているので、器に口をつけて飲むと、器が傾いて脂肪分を遠ざけることができます。 また、唇が油をせき止めてくれます。

塩分が多い

ラーメンは塩分量が多く、1日の摂取推奨量の半分以上を摂ってしまうほどです。 塩分は、高血圧の原因になるだけでなく、食欲を増進させる働きがあり、ライスや餃子などを食べたくさせます。 ダイエットには、スープを飲み干すことは、止めましょう。

ラーメンライス

ラーメンライスは、糖質+糖質なので、血糖値を上げてしまいます。 チャーハンは血糖値を上げにくいと言われるが、ラーメンといっしょに食べれば、高カロリーで太ります。

餃子

ラーメンといっしょに、餃子を食べるときも、酢を使うとよいです。 餃子の皮は小麦粉なので、食べすぎると血糖値を上げます。

焼きそば・冷やし中華の太りにくい食べ方

焼きそばの麺は、そばではなく、ラーメンと同じ中華麺です。冷やし中華も同様です。

焼きそば

種類カロリー
(kcal)
炭水化物
(g)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
焼きそば 685 78 15.5 32.1
海鮮あんかけ焼きそば 580 78 19.1 18.7

焼きそば

焼きそばは、油で炒めるので、脂肪分が多く高カロリーです。 キャベツなど野菜をたくさん入れることで、GI値を低くすることができます。 糖質が多く含まれるソースやあんかけなど、量を少なくすることも重要です。

冷やし中華

冷やし中華は、GI値を低くする効果がある酢が使われています。 卵やハムなどで、たんぱく質も摂れます。 ただし、スッキリとしているので、早食いには注意が必要です。



 関連記事
 そばとうどんの太りにくい食べ方・糖質に偏らないようにする
 パスタの太りにくい食べ方・低カロリーほど血糖値を上げる