簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 簡単エクササイズ > バランスボール

バランスボール超簡単はずむだけダイエット

普段ほとんど運動していない人が簡単にできる、バランスボールを使ったダイエット方法です。 痩せるには、座るだけでなく、弾むことで腹筋や背筋がたくさん使われます。



 目次
 1. はじめは、この1種目
 1. バランスボールのダイエット効果
 2. 慣れてきたら、2種目を追加
 3. バランスボールの選び方

はじめは、この1種目

はじめは、「ボールに座って上下にはずむ」だけです。 30秒〜1分×3〜5回くらい行います。 テレビやスマホを見ながら行うと危険なので、運動に集中して下さい。 はずむのが難しい場合は、ボールに座るだけでもダイエット効果はあります。
ボールに座ってはずむ
ボールに座ってはずむ
@ボールに座り、バランスを取りながら、上下に弾みます。
(メモ)お腹をさわってみると、はずむたびに、腹筋や背筋が硬くなって、使われているのを確認できます。

バランスボールのダイエット効果

体脂肪は燃焼しない

バランスボールに座って弾む運動をしても、体脂肪はたいして燃焼しません。 体脂肪を燃焼するには、ウォーキングのように、長時間の有酸素運動を行う必要があるからです。 バランスボールの目的は、筋力をつけて基礎代謝を上げることで、短期間で体重を減らすような即効性はありません。

バランスボールのダイエット効果

バランスボールで運動しても、体脂肪はあまり燃焼しません。 しかし、運動不足の人には、これだけでも腹筋や背筋が鍛えられ、続けることで基礎代謝が上がって太りにくくなります。 また、腹筋や背筋を動かすだけでもカロリーを消費して、血糖値が下がって体脂肪を溜めにくくなります。

本当にこれだけで痩せるのか?

初めのうちは体重は減りませんが、ウエストのサイズは細くなります。これは筋肉を使うようになって引き締まるためです。 トレーニングを続けていけば、基礎代謝が上がって徐々に体脂肪が減り、体重も少しずつ減っていきます。

お腹の脂肪は落ちやすい

「短期間でウエストがマイナス○cm」という文句がありますが、これは本当です。 体脂肪は部分的ではなく、全体的に減っていくので、全身の脂肪の中で最も割合の多いお腹の脂肪が簡単に減るのです。 また、ポッコリの原因である内臓脂肪は、健康に影響を及ぼすので、落ちやすいです。



慣れてきたら、2種目を追加

上記のトレーニングで、もの足りなくなったら、次の2種目を追加します。 バランスを取るのが難しくなりますが、効果は上がります。
足上げ
バランスボールに座って、バランスをとるエクササイズです。
@バランスボールに座ります。
Aバランスを取りながら、片足をゆっくり上げていき、10秒程度キープし、ゆっくり戻します。

骨盤を左右に動かす
@ボールに座り、バランスをとりながら、骨盤を左右に動かします。
(メモ)腹筋や背筋が使われ、骨盤の位置が矯正され、お腹が引っ込みます。

バランスボールの選び方

身長からサイズを決める

ボールに座ったときに、足がしっかり床について、ひざが直角になる大きさのものを選びます。 下表のように、身長による大きさの基準があります。
身長バランスボール
150〜165cm55cm
160〜175cm65cm
175cm以上75cm

  • 耐荷重(体重制限)・・・80kg、100kg、200kgなどあり、大きいほど安心です。
  • ノーバースト(防爆)タイプ・・・もし穴が開いても、空気がゆっくりと抜けるタイプで安全です。価格は少し高めです。
  • ドーナツボール・・・転がらない安定感のあるバランスボールです。
  • ポンプ(空気入れ)・・・ほとんどのものにハンドポンプやフットポンプが付いています。ダブルアクションポンプは、押したときも引いたときも空気が入るので、手間が半分になります。

  • おすすめのバランスボール

    バランスボール 65cm
    アルインコ
    トレーニングマニュアル、エアーポンプ付。
    耐荷重300kg。
    ドーナツバランスボール 55cm
    エグゼラックス
    高さが低く、安定感のあるドーナツ型のボールです。
    バランスボールは少し難しいという方にオススメです。



     関連記事
     各部位のバランスボール・トレーニング
     筋トレをしても体重が減らない原因