簡単・長続き!体に良いダイエット

キャベツ・置き換えなら適度なマヨネーズも効果的

キャベツは100gで20kcalしかなく、たくさん食べても太らない野菜です。ほとんどが水分ですが食物繊維やビタミンCが豊富に含まれ、ダイエットと美容に効果的な食材です。夕食をキャベツの千切りに置き換えるなら適度なマヨネーズを使ったほうが効果的です。

キャベツ

 目次
 1. キャベツのダイエット効果
 2. キャベツの健康・美容成分
 3. キャベツでのダイエットを実践
 4. キャベツダイエットのポイント


キャベツのダイエット効果

キャベツでダイエットするなら、噛まなくてはならない千切りやざく切り、蒸す程度がよい方法です。 ロールキャベツなど、噛まなくてよいほどトロトロに加熱してしまうと、効果が少なくなってしまいます。

キャベツの千切りやざく切りは、噛む回数が増えることで、食事に時間がかかります。 満腹感をもたらす満腹中枢が刺激されるまでには、食べ始めてから約20分かかると言われます。 食前にキャベツの千切りを食べておくと、ある程度お腹が膨らんだ状態での食事になり、食欲を抑えることができます。

キャベツには、糖質や脂肪の吸収を妨げたり、食後血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富に含まれています。 ダイエットの大敵は便秘ですが、お通じをよくする働きも期待できます。

キャベツは淡色野菜なので、味をつけたくなってしまいがちです。 調味料はキャベツの何十倍ものカロリーがあります。 ソースやマヨネーズ、ドレッシングなどを大量に使うと、逆に太る原因になるので、控えめにする必要があります。

キャベツの健康・美容成分

ビタミンC

ビタミンCは元気の源で、抗酸化作用があり、風邪の予防や疲労の回復を促します。 美肌に欠かせないコラーゲンもビタミンCがなければつくられません。

ビタミンK

骨密度が下がるのを防いでくれるビタミンで、納豆にも豊富に含まれています。 カルシウムを摂ってもビタミンKがなければ、骨に沈着できません。 ビタミンKは脂溶性で、油と一緒に摂ることが必要なので、トンカツとキャベツの千切りは最適です。 また、千切りに適度なマヨネーズやドレッシングもよいです。

ジアスターゼ

キャベツには大根と同様に、ジアスターゼという消化促進酵素が含まれており、消化吸収をよくします。 キャベツに胃もたれなどを解消して、胃の調子をよくする効果があるのは、これも理由の一つです。


キャベツでのダイエットの実践結果をアンケート

キャベツでダイエットした方々に実践結果(成功体験や失敗談)をアンケートしました。

キャベツで糖質をカット 30代女性
糖質を控えるための代用でキャベツの千切りを食べていました。
キャベツは食物繊維が豊富で、肌荒れなどに効果的なビタミンC、骨の形成を助けるビタミンKも多く含まれます。
キャベツはシャキシャキと食感がよく、噛む回数が増えることで満腹感を得られます。
噛むことにより脳が刺激されて食後の空腹感はなく、1ヶ月で3kgほど痩せて49kgになりました。
ストレスなくダイエットに成功しました。

夕方の置き換え 30代男性
夕方の置き換えでキャベツの千切りを食べるようにしました。
始めた頃は、就寝前にお腹が空いて苦労しましたが、1週間ほどで空腹感はなくなりました。
軽い運動をしていたこともあり、キャベツだけでの効果ではないですが、1ヶ月で3kgほど体重が減りました。
体も軽くなったしお通じもよくなり良くなりました。

キャベツ

蒸しキャベツ 50代女性
ご飯の食べすぎを防止するために、食前に蒸しキャベツを食べるダイエットを1ヶ月行い、1kgだけ痩せました。
その後、キャベツの価格が高騰したり、淡泊な味に飽きたこともあり、続けることができなくなってしまいました。
うまく飽きずに続けることができれば、また挑戦したいと思っています。

キャベツダイエットのポイント

夕食をキャベツの千切りに置き換えるなら適度なマヨネーズを使ったほうが効果的です。 マヨネーズは卵と油でできているので、ある程度のカロリーやタンパク質も摂れて、ビタミンKの吸収をよくします。 味をつけることで飽きずに美味しく、ストレスも溜めにくくなります。




 ダイエットに役立つ食品
 焼鳥・サラダチキン
 こんにゃく
 キャベツ
 もやし
 山芋
 バナナ

 体によいダイエット
 低GIダイエット
 ラクして痩せる豆知識
 代謝を上げる方法
 食欲を抑える方法
 料理の痩せるポイント
 ダイエット役立ち食品
 体脂肪を減らすツボ