簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 低GIダイエット

低GIダイエット

低GIダイエットとは
低GIダイエットとは、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることで、インスリンの分泌を少なくし、糖が体脂肪になるのを防ぐダイエット方法です。

GI値の低い主食を選ぶ
主食の糖質量はどれも同じようなものです。肉・魚・野菜などは、ほとんどがGI値が低めなので、主食のGI値に気をつかうようにします。

食事のGI値を低くするには
GI値の高いものをなるべく控えるほかにも、食事で食物繊維、お酢、乳製品などを一緒に摂ると、GI値を低くすることができます。

糖質の摂りすぎに注意
知らない間に太る原因になる糖質を摂りすぎていることがよくあります。ダイエットにはおかずの糖質量に気を遣う必要があります。

パンの太りにくい食べ方
パンを食べるときは、水やジュースよりも、低GIの牛乳といっしょに食べることで血糖値が上がりにくくなります。

麺類の太りにくい食べ方
そばのGI値は55と低くダイエット向きの食品です。うどんはGI値が高く太りやすいですが、山菜、月見、鍋焼きにするとGI値を低くできます。

白米の太りにくい食べ方
白米は粒状なので、小麦粉からできているパンよりも消化吸収が遅く、パンに比べて血糖値を上げにくいです。

丼が太りやすい理由
丼は、白米の量が多く、かきこんで食べることで早食いになるので、血糖値が急激に上がりやすいです。

糖質量を角砂糖に換算するのは間違い
糖質の多い食事を、積み上げた角砂糖に例えますが、同じ量の角砂糖を食べるのとは異なります。

和菓子で太らない方法
和菓子は、洋菓子よりも低カロリーですが、餡子でGI値が高く、血糖値の急上昇を抑えることがのポイントになります。

洋菓子のカロリーと糖質・太りにくくするには
洋菓子には、砂糖に加えて、生クリームやバターが多く含まれ、脂肪やコレステロールを増やしやすいです。和菓子との違いは、脂質が多くカロリーが高いことです。

食物繊維入りの緑茶・コーヒーで食後の血糖値対策
食後の血糖値の上昇を穏やかにするには、食物繊維の摂取が効果的です。トクホの緑茶やコーヒーなら手軽に食物繊維を摂ることができます。




 体によいダイエット
 簡単エクササイズ
 肥満種類別ダイエット
 効率よく痩せる豆知識
 低GIダイエット
 摂取カロリーを減らす
 代謝をよくする方法
 外食の栄養素
 痩せる料理・太る料理
 体脂肪を減らすツボ
 ウォーキング