食物繊維入りの緑茶・コーヒーで食後の血糖値対策

トップ > 低GIダイエット > 食後の血糖値対策

 

食後の血糖値の上昇を穏やかにするには、食物繊維の摂取が効果的です。
大量に野菜を摂ることは難しいですが、トクホの緑茶やコーヒーなら手軽に食物繊維を摂ることができます。

血糖値とインスリンの関係
糖質を摂取すると血糖値が上昇します。
すると、インスリンが分泌されて、糖は細胞に取り込まれて、血糖値が下がります。
糖質の摂取量が多いと、血糖値が急激に上昇し、インスリンも多く分泌されます。
血糖値対策することは、体脂肪を溜め込まない、ダイエットにもつながります。

高血糖になる理由
食べすぎると、血糖値が急上昇して、インスリンが多く分泌されるます。
このような食生活を長く続けていると、インスリンが分泌されにくい体になってしまいます。
インスリンの分泌が悪くなれば、血糖値の高い状態が続いて、糖尿病になる確立が高くなります。

高血糖を改善するには
高血糖を改善するには、日常的に運動することが手っ取り早いですが、簡単にはできません。
そうなると、食事で改善するしかありません。
血糖値の上昇を穏やかにするには、糖質量を減らしたり、食物繊維を摂ることが必要です。




食物繊維が血糖値を穏やかにする
野菜や海藻に含まれる食物繊維には、食後の血糖値を穏やかにする働きがあります。
食物繊維は食事での余分な糖分や脂肪を吸着して、小腸での消化吸収を減らしてくれます。

食物繊維の摂取量

1日の食物繊維の平均摂取量です。
目標摂取量を摂るには、野菜を350gも摂らなければならず、とても難しいです。

目標摂取量 平均摂取量
男性 19g 14.0g
女性 18g 13.8g

難消化性デキストリン
難消化性デキストリンとは、トウモロコシのデンプン由来の水溶性食物繊維で、手軽に摂ることができます。
小腸粘膜からの糖の吸収を抑える働きがある、特定保健用食品(トクホ)で許可されている成分です。
糖の吸収に時間がかかることで、食後血糖値の上昇が穏やかになります。

難消化性デキストリン入りの飲み物
ここで、オススメするのが、食後の血糖値を穏やかにする難消化性デキストリン(食物繊維)入りの飲み物です。
一つ目は「フィットライフコーヒー」、二つ目は「緑茶習慣」です。
どちらも、持ち運びに便利な小分けタイプで、お湯で溶かすだけで、気軽にお飲みいただけます。
難消化性デキストリンは無味無臭なので、美味しさや香りを損ないません。




フィットライフコーヒー
消費者庁が許可している特定保健用食品(トクホ)のコーヒーです。
緑茶習慣には、1杯当たり、難消化性デキストリン(食物繊維)が 6.7g 配合されています。

緑茶習慣
「おーいお茶」で知られる伊藤園のトクホ商品です。
缶入りの緑茶を初めてつくったメーカーです。
緑茶習慣には、1杯当たり、難消化性デキストリン(食物繊維)が 5.1g 配合されています。

フィットライフコーヒー 緑茶習慣
低GIダイエット
低GIダイエットの基礎知識
GI値の低い食品を摂る
食事のGI値を低くする方法
知らぬ間に糖質を摂りすぎている
白米の太りにくい食べ方
パンの太りにくい食べ方
麺類の太りにくい食べ方
和菓子の太らない方法
洋菓子のカロリーと糖質

 

投稿者: sdiet

簡単で長続く続けられる、健康的なダイエット方法を紹介します。 食事制限に頼らずに、運動を中心に、健康的にダイエットします。