減量したのに太って見える「隠れ肥満」の解消

 

見た目は痩せているのに、体脂肪率が高いのが「隠れ肥満」です。ダイエットして体重が減ったのに、以前よりも太って見えるのも、筋肉が減ってしまったのが原因です。このような人は基礎代謝も低いので、太りやすい状態になっています。

ダイエットの目的
ダイエットをする目的は2つあり、「他人から細く見られたい」または「自身の健康維持のため」のどちらかです。
と言うことは、体重が何kgあってもよいことになりますが、ほとんどの人は、目的を達成する指標が、体重になってしまっています。
ダイエットは、体重に惑わされてはいけません。

体重が減るのは
体重が減ることは、体脂肪と筋肉が減ることです。
大まかに言えば、運動によるダイエットでは体脂肪が減り、食事制限のダイエットでは筋肉が減る割合が多いです。
筋肉は、体脂肪に比べて比重が大きく、少し減っただけでも体重が激減します。

隠れ肥満とは
極端な食事制限で体重が減ると、体脂肪が落ちたように思えますが、実際には筋肉量がかなり減ってしまいます。
見た目は痩せているのに、体脂肪率が30%以上あるという人は、筋肉が少ないことが原因です。
筋肉が減ると基礎代謝が低くなり、リバウンドしやすく、太りやすい体質になってしまいます。

隠れ肥満の人は歳をとると太る
隠れ肥満の人は、筋肉が少ないので、基礎代謝が低いです。
若いうちはよいですが、歳をとるにつれて、さらに基礎代謝が下がるので、将来は必ず太ります。

ダンベルトレーニング
隠れ肥満を解消するには、ダンベルトレーニングなどで筋肉をつけることが必要です。
全身で筋肉量が多い、太ももやお尻の筋肉を強化することが、最も効果的です。
隠れ肥満の人は、見た目はスリムなのですから、筋肉をつければ体脂肪が落ち、メリハリのある引き締まった体になれます。

たんぱく質を摂る
運動をしているのに、体脂肪率が高い人は、たんぱく質の摂取量が足りていないのかも知れません。
筋肉をつくるには、たんぱく質が必要不可欠です。
脂肪を摂るのが嫌で、肉を控えた食生活を続けていると、たんぱく質が不足してしまいます。
このような場合には、たんぱく質だけを摂取できる、プロテインやアミノ酸サプリメントなどを利用すると効果的です。




隠れ肥満を解消するトレーニング
太ももやお尻の筋肉を中心に、腹筋や背筋など体幹の筋肉をトレーニングするとよいです。

スクワット(大腿四頭筋の強化)
両手を頭の後ろで組み、肩幅より少し広く足を開いて立ちます。
太ももが床と平行になるくらいまでひざを曲げていき、ゆっくり元に戻します。
10回×3セット行います。
    
プローンシングルレッグレイズ(大腿二頭筋の強化)
うつ伏せになって両手を顔の下で組み、両脚を伸ばします。
ひざを伸ばしたまま、ゆっくりと片脚を上げていき、元に戻します。
左右10回×3セット行います。
    
クランチ(腹筋のトレーニング)
仰向けになってふくらはぎを台の上に乗せ、手を頭の後ろで組みます。
ゆっくりと上体を上げ、ゆっくりと元に戻します。
10回×3セット行います。
    
バックエクステンション(背筋のトレーニング)
うつ伏せになって足首を固定し、手を頭の後ろで組みます。
上体を上げていき、元に戻します。
10回×3セット行います。
    
プッシュアップ(腕、胸のトレーニング)
ベンチの上で両手を肩幅より広めに開き、ひじを曲げて上体を下ろします。
ベンチの高さがあるほど、負荷が軽くなります。
腕を伸ばして上体を上げていき、元に戻します。
10回×3セット行います。
    




肥満の種類別ダイエット
皮下脂肪を効率よく落とすトレーニング
内臓脂肪を減らす簡単トレーニング
減量したのに太って見える「隠れ肥満」の解消
水太り・むくみの解消して脚やせ

 

投稿者: sdiet

簡単で長続く続けられる、健康的なダイエット方法を紹介します。 食事制限に頼らずに、運動を中心に、健康的にダイエットします。