簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > ラクして痩せる豆知識 > 痩せるホルモン

青魚のEPAが痩せるホルモンを分泌・食べすぎを防ぐ

サバ、アジ、イワシなどの青魚に含まれるEPAは、中性脂肪やコレステロールを減らして血液をサラサラにしてくれる成分です。また、体内で痩せるホルモンと言われる「GLP-1」の分泌を促し、食べすぎるのを防いでくれます。

青魚

 目次
 1. EPAと痩せるホルモン
 2. 青魚のダイエットに効果的な食べ方
 3. EPAのサプリメント

EPAと痩せるホルモン

DHAとEPA

DHAとEPAは、アジ・イワシ・サバなどの青魚に含まれる不飽和脂肪酸の一種です。 DHAとEPAには、中性脂肪やコレステロールを下げ、血液をサラサラにする作用があり、ダイエットに効果的です。 体内では作り出すことができないので、青魚やサプリメントなどの食品から摂るしかありません。

痩せるホルモン

青魚に含まれるEPAを摂ると、体内で痩せるホルモンと言われる「GLP-1」の分泌を促します。 GLP-1は、炭水化物を摂ると消化管から分泌されるホルモンで、腹持ちをよくしたり、食欲を抑えたりする作用があります。

EPAの目標摂取量

EPAは、1日1g以上摂取することが望ましいとされます。 しかし、たくさん食べれば良い訳ではありません。 青魚はカロリーが高いので、食べすぎると太る原因にもなります。

EPA含有量が多い食品(100g中)

毎週のようにテレビで放映されるので、サバ缶が爆発的に売れています。 サバでなくても、EPAが多く含まれるものは、いろいろあります。
ハマチ1.5g
イワシ1.4g
マグロ(トロ)1.3g
サバ1.2g
ブリ0.9g
ウナギ蒲焼0.9g
サンマ0.8g
マグロ(赤身)0.5g
アジ0.4g
サバ缶詰(水煮)0.8〜1.7g
サバ缶詰(味噌煮)0.7〜1.6g
イワシ缶詰(味噌煮)0.7g
サンマ缶詰(蒲焼)1.0g



青魚のダイエットに効果的な食べ方

青魚の効果的な食べ方

EPAなどの脂肪分は、加熱すると溶け出してしまうので、生の刺身で食べるのが効果的です。 調理する場合は、焼魚にするとダイエットに有効な油が落ちてしまいます。 煮魚にすれば、加熱してもDHAやEPAを効率よく摂れて、痩せるホルモンを分泌させることができます。

青魚の缶詰

DHAやEPAは酸化しやすいので、獲れてすぐに作られる缶詰は、これらの栄養素を十分に摂ることができます。 煮汁にもEPAが溶け出しているので、これを飲むのも効果的です。

缶詰の食べ方

味噌煮や蒲焼の缶詰は、煮汁やタレに糖質が多く含まれているので、水煮缶のように飲むのはよくありません。 また、味付けが濃いので、ごはんが進んでしまうことに注意が必要です。

青魚の煮付け

イワシの煮付けなどで生姜を使うと、ショウガオールという成分が溶け出します。 ショウガオールには、持続的に体を温める働きがあり、代謝が上がります。

青魚

EPAのサプリメント

食べ続けないと効果は薄い

痩せるホルモンの分泌をよくするには、血液のEPA濃度が高く保つことが必要ですが、サバ缶を毎日食べるのは大変です。 魚嫌いの人にとっても、特にサバなどは、食べたくないのが本音かも知れません。 その場合には、サプリメントで摂るのが良い方法です。

サプリメント

EPAは酸化しやすく、トマトなどのビタミンと一緒に摂るとよいとされます。 その点、サプリメントには、ビタミンEなどの抗酸化物質も一緒に含まれ、効率よくEPAを摂取できます。