「甘いものは別腹」太る悪循環・違う味が欲しくなる

トップ > 効率よく痩せる豆知識 > 甘いものは別腹

 

お腹がいっぱいなのに、甘いものなら食べられる「甘いものは別腹」。ですが、甘いものでなくても、味が変われば、いくらでも食べれてしまい、太る悪循環に陥ってしまいます。

違う味が欲しくなる
警部補・古畑任三郎で、このようなシーンがあります。
甘いパフェを食べた後、部屋に戻った古畑が今泉にルームサービスを頼む。
「口直しで、しょっぱいもの…明太子スパゲティ頼んでくれる?」
「はい。」
「今泉君、明太子多めで!おもいっきり辛いやつ。」
その後、張り込み中の車内で、古畑が、
「今泉君、何か辛いもん無い? あんな辛い明太子スパゲティ、世の中にあったんだねぇ。」
「バームクーヘンならありますよ。昨日出席した結婚式の引出物です。」
バームクーヘンを食べると、古畑が、
「親の仇みたいに甘いじゃない。塩昆布とか無いの?」
「古畑さん、悪循環ですよ!結婚式に塩昆布なんか出ませんよ!」

甘いものと辛いもの
上記のように、甘いものを食べると、しょっぱいものが欲しくなり、しょっぱいものを食べると、甘いものが食べたくなります。
同じような味のものを食べていると、脳がだんだん飽きて満足できず、新鮮な味を求めてしまうからです。
「甘いものは別腹」も同様に、甘いものが少ない食事に飽きたからとも言えます。

食後のデザート
食後のデザートを止めたいなら、卵焼きなど、甘い味のおかずを食べるとよいです。
しょっぱいものばかりでは、食後に「甘いものは別腹」が起こる確立が高いです。
食事で甘いものを食べておけば、デザートを食べる気が失せますが、逆に、しょっぱい煎餅などを食べたくなるかも知れません。

薄味にしてダイエット
太る悪循環が起こる原因は、濃い味付けです。
ものすごくしょっぱいものを食べれば、中和するために、ものすごく甘いものが食べたくなります。
太ると、味覚が悪くなり、濃い味付けで、さらに太る、悪循環に陥ってしまいます。




 

投稿者: sdiet

簡単で長続く続けられる、健康的なダイエット方法を紹介します。 食事制限に頼らずに、運動を中心に、健康的にダイエットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です