簡単・長続き!体に良いダイエット

間食を摂ってダイエット・空腹時間が長くなると太る

空腹時間が長いと、体が脂肪を蓄えようとするので、カロリーの低い食品などで間食を摂ることはダイエットに有効です。

間食

 目次
 1. 空腹時間が長いと体脂肪になりやすい
 2. 太りにくい間食の摂り方
 3. 蒟蒻ゼリーで間食

空腹時間が長いと体脂肪になりやすい

空腹時間が長いと

空腹時間が長くなると、体がちょっとした飢餓状態と思い込み、脂肪を蓄えようとします。 この状態で食事をすると、太りやすくなります。 また、食べ過ぎることにより、摂取する糖質量が多くなり、血糖値が急激に上昇します。 すると、インシュリンが多く分泌され、血糖が体脂肪に変わってしまいます。

空きっ腹での食事

極端にお腹が空いた状態での食事は、一段と美味しくさせますが、一気に血糖値が上がります。 糖質量が多い、GI値が高い、食べ物なら尚更です。

早食いになる

お腹が空いた状態では、早食いになりやすいです。 早食いになるほど、満腹中枢が働きにくく、食べ過ぎてしまいます。

人気店での食事

人気店での食事では、行列に1時間、2時間並ぶことがザラです。 当然ですが、待っている間にお腹が空いても間食をする人などいません。 空腹時間が長くなると、体が飢餓状態と思い込んで、脂肪を溜め込むように働いてしまいます。



太りにくい間食の摂り方

間食を摂る

健康な人は、食後3時間くらい経つと、血糖値が元に戻ります。 食事の間隔が長くなる場合には、カロリーの低い食品や、少ない量で間食を摂ることは良いことです。 前に食べてから3時間以上経っていて、次に食べるまで3時間以上あれば、間食しても大丈夫です。 無理して我慢すると、ドカ食いをしてしまう恐れがあります。

午後3時頃は脂肪になりにくい

体内には、脂肪を溜め込む酵素があり、時間帯によって増えたり減ったりしています。 規則正しい生活をしていれば、この酵素は午後3時頃に最も少なく、徐々に増えていって、午後10時〜午前2時頃にピークを迎えます。 午後3時のおやつは太りにくく、夜中は太りやすいです。

朝食を摂る

朝食を食べないと、1日2食になるので空腹感が強くなります。 また、昼食を摂ってから夕食までの時間が長すぎるときも、空腹感が強くなります。 このような場合、大食いになって、太りやすくなってしまいます。

1日5食ダイエット

1日5食ダイエットは、1日の摂取カロリーは変えずに、食事の回数を5回にする方法です。 1回に摂取するカロリーを減らすことで、エネルギーとして余ることなく消費されます。 1日5食ダイエットのようにして、間食を摂れば効果的です。

小腹がすくと体脂肪が使われる

糖質がエネルギーとして使われると、その後に体脂肪がエネルギーとして使われ始めます。 このときに体脂肪が分解されて脂肪酸が血中に増えるため、食欲中枢が刺激されて小腹が空いたと感じます。 水を飲むなどして20分ほど我慢すれば、この脂肪酸がエネルギーとして使われ、空腹感がなくなります。

間食

蒟蒻ゼリーで間食

蒟蒻は、ほとんどカロリーがなく、グルコマンナンという水溶性の食物繊維が大量に含まれています。 水溶性の食物繊維には、血糖値の上昇を穏やかにしたり、血中コレステロールを排泄する作用があります。 お腹が減ったら、蒟蒻ゼリーなどで、空腹を凌ぐのもよい方法です。
蒟蒻畑 ぶどう味
手軽に携帯して食べられる、パウチ状の蒟蒻(コンニャク)ゼリーです。