簡単・長続き!体に良いダイエット

牛乳は食事のGI値を低くする効果が抜群

牛乳はコップ1杯(200ml)で130kcalあり、多少カロリーが高いですが、食事のGI値を低くする効果が抜群で、炭水化物が好きな人にはうってつけのダイエット食品です。

牛乳

 目次
 1. 牛乳のダイエット効果
 2. 食前の牛乳が血糖値を上げにくくする
 3. 乳製品もGI値が低い

牛乳のダイエット効果

牛乳は血糖値を上げにくい

牛乳はGI値が25と低く、血糖値を上げにくい食品です。 GI値の高い食品(糖質)を摂ると、急激に血糖値が上がることで、インシュリンが多く分泌されます。 インシュリンは、糖質を脂肪として蓄える役目があり、多く分泌されると太りやすくなります。

牛乳・低脂肪乳の栄養素

 牛乳低脂肪乳
カロリー130 kcal100 kcal
炭水化物10 g10 g
タンパク質7 g7 g
脂質7 g2 g
カルシウム200 mg200 mg

牛乳はGI値を低くする効果が抜群

GI値の高い食品は、牛乳を一緒に摂ることで、GI値を低くすることができます。 GI値が低くなると、ある程度は血糖がエネルギーとして使い切れ、インシュリンの分泌が抑えられます。 牛乳は、お茶などに比べてカロリーがありますが、それ以上にGI値を低くする効果は抜群です。 脂肪やカロリーが気になる方は低脂肪乳が効果的です。

プロテインダイエットの効果もある

プロテインダイエットとは、糖質を控え目にして、タンパク質を多く摂るダイエット方法です。 筋肉の材料であるタンパク質が不足すると、筋肉が落ちて基礎代謝が下がり、体脂肪がつきやすくなります。 牛乳には、代謝を上げる働きがあるタンパク質が豊富に含まれています。 筋肉づくりに優れているホエイプロテインは、牛乳のタンパク質であるホエイタンパクを抽出したものです。

牛乳はカルシウムが豊富

カルシウムの1日の摂取目安量は600mgですが、十分に摂取している人は少なく、ダイエットをしていれば尚更です。 また、年をとるほど吸収されにくくなります。極端なダイエットをしていると、筋肉だけでなく骨も減ってしまいます。 牛乳は、コップ一杯で1日の1/3の量のカルシウムを摂ることができます。



食前の牛乳が血糖値を上げにくくする

パンには牛乳

小麦粉でつくられているものは、GI値が高く、急激に血糖値を上げてしまい、インシュリンがより多く分泌されます。 パンを食べるときは、低GIの牛乳と一緒に食べることで、GI値を低くすることができ、血糖値の上昇が穏やかになります。 甘いジュースは糖質が多く、水も消化吸収をよくするなど、ダイエットには、あまりよくありません。

牛乳ダイエット

牛乳は食前に飲んでおくと効果的です。 ごはんを食べる前に牛乳を飲んでおくと、急激な血糖値の上昇が抑えられ、満腹を感じるのも早くます。 食事と一緒に牛乳を飲めば、消化を遅くして腹持ちがよくなり、夜食を食べたいなどの感情が薄れるかも知れません。 お茶を飲んでも太るという人や、牛乳や低脂肪乳に違和感がない方は、カロリーを考慮した上で試してみるとよいです。

お茶のGI値は低いが…

緑茶、紅茶、ウーロン茶などのGI値は10前後で、牛乳の25よりもはるかに低いです。 お茶を一緒に摂るとGI値を下げますが、その効果は牛乳には及ばない感じがあります。 お茶には、タンパク質や脂質がなく、ほとんどが水分なので、消化吸収をよくしてしまい、それほどGI値が低くなりません。

チーズ

乳製品もGI値が低い

ヨーグルト

ヨーグルトなどの乳製品もGI値が低く、ダイエットに役立ちます。 ヨーグルトの成分である乳酸菌の餌(エネルギー源)は糖なので、血糖値やコレステロールを下げてくれます。 また、お腹の調子がよくなると、代謝が上がります。

チーズ・バター

チーズやバターは、カロリーは高いですが、糖質が少なく低GIなので、食べ過ぎなければ大丈夫です。 焼酎やウイスキーなど、低カロリーなお酒のつまみには、チーズはよいです。

スキムミルク

牛乳の脂肪分を取り除いて、粉状にしたものがスキムミルク(脱脂粉乳)で、水に溶かして飲みます。 スキムミルクは水分ないので、牛乳や低脂肪乳よりも、長期間保存ができます。 また、カルシウムやコラーゲンが配合されたものもあります。

牛乳を使ったデザート

デザートを食べるなら、高GIの小麦粉が使われているケーキより、低GIの牛乳を使ったプリンやヨーグルトなどがよいです。 どうしてもケーキを食べたいなら、チーズケーキがよいです。