簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 摂取カロリーを減らす

腹持ちをよくしてダイエット

少ない食事量で満腹感を得る方法、腹持ちのよい食品など、摂取カロリーを減らす方法を紹介します。

満腹中枢を働かせてダイエット
食べるのをやめる命令をする満腹中枢が刺激されることで、食欲を腹八分目に抑えることができます。

大豆食品は腹持ちがよくダイエットに最適
大豆には筋肉の材料であるタンパク質、便通をよくする食物繊維、血行を促進する不飽和脂肪酸などが含まれ、腹持ちがよいです。

おからで食物繊維・お腹で膨らんで少量でも満腹になる
おからは、豆腐をつくる際に出る大豆の搾りかすです。豊富に含まれる不溶性食物繊維が腹持ちをよくしたり、お腹の調子をよくする働きがあります。

納豆の成分が血管・骨・肌を若く保つ
納豆には、ナットウキナーゼ、イソフラボン、トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンKなどのダイエット、美容、健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

食物繊維が余分な糖分や脂肪を吸着
食物繊維は人体に消化・吸収されず、食事で摂った余分な糖分や脂肪を吸着して排泄されます。

海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす
海藻のネバネバ成分の一つが、食物繊維の一種であるフコイダンで、コレステロールや中性脂肪を減らすなど、健康維持に役立ちます。

イヌリンが食後血糖値を穏やかに
菊芋やゴボウなどに含まれる水溶性食物繊維のイヌリンには、食後血糖値を穏やかにしたり、腸内環境を整える働きがあります。

ヘルシーなキノコも高カロリーになってしまう
キノコには、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、ダイエットに役立ちますが、油を吸いやすい注意点があります。

食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食
オールブランは、食物繊維が豊富に含まれている小麦外皮を主原料にした食品です。GI値が食パンや白米よりも低いので、血糖値を急激に上げにくく、腹持ちもよいです。 ワカメ×味噌&お酢・ダイエットの相乗効果
カリウムには、細胞内の余分なナトリウム(塩分)の排泄を促す作用があり、高血圧を予防します。海藻に多く含まれ、中でもワカメに多く含まれています。

糖質や脂質の吸収、血糖値を穏やかにするサプリメント
ガルシニア、ギムネマ、キトサン、サラシアなど、糖分や脂肪の吸収、食後血糖値の上昇を穏やかにする、ダイエットに役立つサプリメントです。

トクホのお茶で体脂肪を効率よく燃やす
緑茶の成分であるカテキンや烏龍茶ポリフェノールには、糖質の消化吸収を抑えたり、脂肪燃焼を助ける働きがあります。




 体によいダイエット
 簡単エクササイズ
 肥満種類別ダイエット
 効率よく痩せる豆知識
 低GIダイエット
 摂取カロリーを減らす
 代謝をよくする方法
 外食の栄養素
 痩せる料理・太る料理
 体脂肪を減らすツボ
 ウォーキング