簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 腹持ちをよくする > オールブラン

食物繊維が豊富なオールブランで朝食と間食

オールブランは、食物繊維が豊富に含まれている小麦外皮を主原料にした食品です。オールブランのGI値は45で、食パンの91、白米の84などと比べて大幅に低いので、血糖値を急激に上げにくく、ダイエットに役立ちます。

オールブラン

 目次
 1. ご飯との糖質量の比較
 2. 栄養素のバランスがよい

ご飯との糖質量の比較

オールブランの商品

ケロッグのオールブランには、ブランフレークとオリジナルの2つがあります。 小麦外皮の量が多いオリジナルの方が食物繊維も多く含まれるが、硬いので食べにくいかも知れません。 両者の栄養価は下記の通りです。

1食(40g)当たりの栄養価

 ブランフレークオリジナル
エネルギー145 kcal141 kcal
たんぱく2.9 g6.0 g
脂質0.8 g1.7 g
糖質30.2 g19.9 g
食物繊維3.7 g11.0 g

ご飯1杯との比較

ご飯1杯(150g)には、糖質が55g含まれています。 オールブランに替えると、糖質量を大幅に少なくでき、食物繊維も摂ることができます。

炭水化物

パッケージの栄養価の表示に糖質がない場合は、炭水化物が表示されています。 「炭水化物=糖質+食物繊維」なので、炭水化物が多くても、糖質はそれほど多くなく、食物繊維が多い場合もあります。



栄養素のバランスがよい

食物繊維の摂取率

現代人の食物繊維の摂取率は低く、一般女性の1日の目標量18gに対し、平均摂取量は13.8gにとどまっています。 ブランフレークなら1日目標量の約30%、オリジナルなら1日目標量の約60%の食物繊維が摂れます。

お腹の調子を整える

小麦外皮には不溶性食物繊維が豊富で、お腹の調子を整える働きがあります。 便秘になると代謝が悪くなって太りやすくなります。

間食にもよい

スナック菓子のような感覚で食べられるので、間食にもよいです。 スナック菓子に比べて、たくさん噛む必要もあり、食べる速さがゆっくりになるので、この点からも血糖値を上げにくいです。

ビタミンや鉄分

オールブランには、ダイエットで失われがちなビタミンB群や鉄分も豊富に含まれています。 ビタミンB群は、糖質や脂質をエネルギーに変える働きがあります。

牛乳をかける

オールブランだけでは、たんぱく質や脂質が少ないので、牛乳をかけることでバランスがよく、完全食に近くなります。 牛乳をかけて食べれば、GI値を低くできて、カルシウムも摂れます。

フルーツのシリアル

果物のシリアルに使われているドライフルーツは、ビタミンやミネラルが多く含まれています。 しかし、ドライフルーツは水分を飛ばしているので、糖質の割合がとても高く、血糖値を上げやすいので注意が必要です。