大豆食品は腹持ちがよくダイエットに最適

 

大豆は高タンパク、低カロリー、GI値も低いので腹持ちがよく、ダイエットに役立つ食品です。

大豆の成分
大豆には筋肉をつくるタンパク質、おなかの調子を整える食物繊維、血流をよくする不飽和脂肪酸など、ダイエットに効果がある成分が多く含まれています。
普段、大豆製品を食べている人は、肥満になる確立が低いそうです。

大豆のGI値
大豆のGI値は30と低く、腹持ちがとてもよい食品です。
血糖値の急激な上昇がないので、インスリンの分泌が少なく、体脂肪になるのを防いでくれます。

大豆の食物繊維
大豆にはコレステロール値を下げたり、食物繊維が多く含まれています。
とくに、納豆、煮豆、おからなどは食物繊維が豊富で、ダイエットに有効です。
油揚げ、厚揚げ、がんもどきなど、油で揚げているものは高カロリーなので、食べ過ぎると太る原因になります。




サポニン
大豆製品に多く含まれるサポニンという成分には、脂肪の吸収を防いだり、コレステロールを下げるなどの働きもあります。和菓子のつぶあんにも多く含まれます。

イソフラボン
大豆には、エストロゲンという女性ホルモンに似た成分である、イソフラボンが多く含まれています。
エストロゲンは、肥満を防いだり、悪玉コレステロールを減らしたり、美肌効果がありますが、歳をとるにつれて減っていき、太りやすくなります。
大豆に含まれるイソフラボンを摂ることで、エストロゲンの効果が得られます。

イソフラボンが多い食品
イソフラボンは、1日に40~50mgくらい摂るのを目安にします。
一度にたくさん摂るより、毎食ごとに少しずつ摂ったほうが吸収されやすく、サプリメントでは過剰摂取になってしまうかも知れません。
1日に40~50mgとは、豆腐なら1/3丁、納豆なら1パック、豆乳ならコップ1杯くらいです。




枝豆
枝豆には、アルコールの解毒作用があるオルニチンが含まれています。
オルニチンは、シジミにも多く含まれ、二日酔いにシジミの味噌汁が効くのはこのためです。
オルニチンは、燃焼系アミノ酸とも呼ばれ、ダイエットにもよいです。

黒豆
黒豆も大豆の一種ですが、普通の大豆にはないアントシアニンという成分が含まれています。
アントシアニンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用により活性酸素を除去し、血流をよくしてくれます。

大豆プロテイン
大豆のタンパク質を抽出した植物性のプロテインで、ソイプロテインとも言います。体脂肪やコレステロールを減らすなど、動物性のタンパク質にはない働きがあります。
満腹感があり消化吸収にも時間がかかるので、ウェイトダウンプロテインの原料でダイエットにも有効です。

おからで満腹感
おからは、水分を含むと体積が2倍、重さが3倍になります。
おからを食べれば腹持ちもよく、少ない量でも満腹感が得られます。
食物繊維も豊富です。

豆乳クッキーダイエット
豆乳クッキーダイエットは、3食のうち1食をおからがたっぷり入った豆乳クッキーに変える方法で、1食分が約150kcalです。
1食を750kcal摂っていたなら、1日600kcalもセーブすることができます。ウォーキングなら3~4時間に相当します。
ジュースや砂糖の入った紅茶よりも、牛乳や低脂肪乳と一緒に摂りながら、ゆっくり食べることにより、お腹で膨れて満腹感が得られます。

ウェイトダウン ヨーグルト風味

ザバス
腹持ちのよい大豆プロテインとガルシニアエキスを配合したプロテインです。減量時に不足しやすい「11種類のビタミン」とカルシウム・鉄・マグネシウムも配合しています。

豆乳おから100%クッキー

油分と糖分を控えて、超低糖質な、おから100%クッキーです。お腹で膨らんで満腹感が出ます。

 

投稿者: sdiet

簡単で長続く続けられる、健康的なダイエット方法を紹介します。 食事制限に頼らずに、運動を中心に、健康的にダイエットします。