簡単・長続き!体に良いダイエット

海藻のネバネバ成分・フコイダンが中性脂肪を減らす

海藻のネバネバ成分の一つが食物繊維の一種であるフコイダンで、コレステロールや中性脂肪を減らすなど、健康維持に役立ちます。

もずく酢

 目次
 1. フコイダンの健康効果
 2. ワカメ・昆布のダイエット効果

フコイダンの健康効果

フコイダンは水溶性の食物繊維

フコイダンは、ガゴメ昆布、メカブ、モズクなどの海藻に含まれる水溶性食物繊維です。 水溶性食物繊維には、食後の血糖値の上昇を抑えたり、血中コレステロールの排泄、中性脂肪を抑えるなどの働きがあります。

ピロリ菌を除去

フコイダンのヌルヌル成分が、胃の粘膜を保護します。 このヌルヌルは、胃潰瘍や胃ガンの原因になるピロリ菌を吸着して、体外に排泄する効果もあります。 また、ガンの治療に使うという研究もされています。

免疫システムを活性化

フコイダンには、ウイルスや細菌に感染した細胞を死滅させるなど、免疫機能を活性化させるとされています。 また、傷ついた肝細胞を修復し、肝機能をよくするとの報告もあるそうです。

酢との相性がよい

フコイダンは、お酢と一緒に摂ることで、消化吸収がよくなります。 お酢の成分であるクエン酸には、糖質の吸収を緩やかにしたり、脂肪の燃焼を促進するなどの作用があります。 メカブ、モズクなど、ネバネバ成分のある海藻を「酢の物」で食べれば、一石二鳥です。

加熱してもOK

フコイダンは、加熱すると吸収率がアップするので、味噌汁の具にするのも効果的です。

アカモク

最近、注目されているアカモクは、モズクの2倍のフコイダンが含まれています。 アカモクの色素成分であるフコキサンチンには、内臓脂肪の燃焼に効果があります。



ワカメ・昆布のダイエット効果

カリウムが高血圧を予防

ワカメなどの海藻に多く含まれるカリウムには、細胞内の余分なナトリウム(塩分)の排泄を促す作用があり、高血圧の予防に効果的です。 塩分には水分を溜める性質があり、水太りやむくみの原因にもなります。 ワカメと味噌やお酢は、ダイエットでの相性がよいです。

カリウムの多い食品

カリウムは、汗とともに失われるので、補給することが大切です。 不足すると、疲れやすくなったり、夏バテすることもあります。
食品食品の量カリウムの量
ワカメ(乾燥)10 g740 mg
昆布(乾燥)10 g610 mg
ひじき(乾燥)10 g640 mg
ほうれん草50 g345 mg
サトイモ50 g320 mg
サツマイモ50 g235 mg
納豆50 g330 mg

ワカメの味噌汁

味噌の原料である大豆には、体をつくるタンパク質や不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。 ワカメの味噌汁なら、カリウムとともに、これらの効果も期待できます。

ワカメの味噌汁

大豆イソフラボン

大豆には、女性ホルモンに似た成分で、美容にもよいイソフラボンが多く含まれています。 イソフラボンには、悪玉コレステロールを減らす働きも期待できます。

ワカメの酢の物

お酢の成分であるクエン酸は、糖質の吸収を緩やかにしたり、エネルギーを作り出す働きがあります。 酢酸には、血圧を上昇させにくくする働きがあり、カリウムとの相乗効果が生まれます。

糖質の吸収を抑える

ワカメや昆布に含まれる、水溶性食物繊維のアルギン酸が、糖質の吸収を遅らせます。 食後の血糖値の上昇を穏やかにしたり、血中コレステロールを減らす働きがあります。 便を柔らかくする働きもあり、お通じの改善にも役立ちます。