菊芋とゴボウの食物繊維・イヌリンが食後血糖値を穏やかに

 

イヌリンは、菊芋やゴボウなどに含まれる水溶性の食物繊維で、トクホ食品にも使われている成分です。イヌリンには、食後血糖値を穏やかにしたり、腸内環境を整える働きがあります。

水溶性の食物繊維
水に溶ける水溶性食物繊維には、下記のものなどがあります。

  • 果物に含まれるペクチン
  • 海藻に含まれるアルギン酸
  • コンニャクに含まれるグルコマンナン
  • 菊芋やゴボウに含まれるイヌリン

水溶性食物繊維には、食後の血糖値の上昇を穏やかにしたり、中性脂肪やコレステロールを減らすのを助けます。

主な野菜の食物繊維の含有量

食品 100g中
ゴボウ 5.8g
さつまいも 3.5g
にんじん 2.9g
アスパラガス 2.1g
キャベツ 1.8g
たまねぎ 1.6g
トマト 1.0g

食物繊維は炭水化物
「炭水化物=糖質+食物繊維」です。食物繊維にもカロリーがあり、糖質や炭水化物と同様に1g当たり4kcalです。
ゴボウのカロリーが、他の野菜よりも高いのは、食物繊維が多く含まれているためです。

ゴボウのポリフェノール
ゴボウに含まれるクロロゲン酸は、抗酸化作用が強いポリフェノールで、血糖値の上昇を穏やかにする働きもあります。
ゴボウのクロロゲン酸は表皮に多く、水に流れてしまう特徴があります。
ゴボウを調理するには、皮を剥かずに、アクを抜くために水にさらさないことが重要です。




イヌリン
イヌリンは、水溶性の食物繊維で、菊芋やゴボウ、ニンニクなどに多く含まれ、中性脂肪を減らすのを助けます。
また、ビフィズス菌を増やして、お腹の調子を整える働きがあります。
お通じをよくする効果が期待できますが、大量に摂取するとお腹にガスが溜まります。

イヌリンの含有量

食品 100g中
菊芋 18g
ニンニク 12.5g
ゴボウ 5.4g
タマネギ 4.3g
アスパラ 2.5g

ゴボウの食物繊維
イヌリンを摂取するには、菊芋が最適ですが、あまり流通していません。
ニンニクも、1食で考えれば現実的ではなく、ゴボウということになります。
ゴボウには、水溶性のイヌリン、不溶性の食物繊維も多く含まれ、健康維持やダイエットに効果的な食品です。

菊芋
イヌリンは、群を抜いて菊芋に多く含まれています。
菊芋の産地の人たちは、食後血糖値が上がりにくく、他地域に比べて体脂肪が少ないことが、テレビ番組で放送されました。
菊芋の効果を試してみたいなら、菊芋パウダーが市販されています。


血糖値・糖尿病でお悩みの方に「紅菊芋パウダー」無添加・無農薬の自然食品

投稿者: sdiet

簡単で長続く続けられる、健康的なダイエット方法を紹介します。 食事制限に頼らずに、運動を中心に、健康的にダイエットします。