ウォーキングの効果を上げるには

トップ > ウォーキング > 効果を上げる

 

ウォーキングの効果を上げるには、リュックサックにウエイト入れて負荷を大きくしたり、マンネリを防ぐために変化をつけることが必要です。歩いた歩数、距離、消費カロリーなどを記録すると、目標達成によって、さらに歩く気が起こります。

記録することが重要
毎日どれくらい歩いたか、パソコンに記録してみましょう。
家計簿のように1ヶ月、1年で何キロ歩いたか分かると、目標達成によって、さらに歩く気が起こります。

歩数計・心拍計
歩数計を使用すると、歩数や歩行距離、消費カロリー、脂肪燃焼量などが分かり、ウォーキングに目標を与えてくれます。
心拍計は、運動しながら運動強度を調節することができます。
歩数計は、車や電車など、振動があるとカウントされてしまいます。

変化をつける
毎日同じような時間・コースを歩いているとマンネリになるので、コースを変えるなど変化をつけることも必要です。

テキパキと歩く
1日1万歩でも、ダラダラとゆっくり歩いていては、筋力の維持や向上はできません。
1日5000歩でも、テキパキと歩いたり、中間に速歩き、坂道歩きを取り入れるなどした方が効果的です。

限界まで行わない
ウォーキングで疲れ果ててしまうと、その日はダラダラと過ごしてしまいがちです。
ウォーキングを頑張っても、他のことができなくなってしまっては、普段は消費されていたカロリーも消費されなくなってしまいます。




普段より大またで歩く
普段よりも、少しだけ大またで歩くと、ふくらはぎ、太もも、お尻、お腹の筋肉がより使われます。
これにより、カロリー消費が増えるだけでなく、たるんだお尻のヒップアップなどにも効果があります。

重りをつける
ウォーキングダンベルを持ったり、アンクルウエイトを装着したり、リュックサックにウエイト入れて歩くことで、負荷を上げることができます。
この状態なら、散歩程度にゆっくり歩いても、筋力をつけることができます。

筋力トレーニング後の有酸素運動
筋力トレーニング後の数時間は、体脂肪が分解されてエネルギーとして使える状態になっています。
この間に、ウォーキングなどの有酸素運動を行うことで、エネルギーを消費すれば、効率よく体脂肪を燃焼することができます。

外出を増やす
外出するだけで歩数は増えます。
スーパーマーケットで食料品の買い物をするだけでも、1000歩くらいにはなります。
その日の分だけを買うことにすれば、徒歩や自転車で行けて、外出する機会も増えます。
まとめ買いをすると、車を使うことになり、外出も減ります。

カフェインでダイエット
有酸素運動の前に、コーヒーやお茶などカフェインの入ったものを飲むと、脂肪が燃焼しやすくなります。
ただし、利尿作用があるので、十分な水分補給が必要です。
汗を多くかきそうな時は、避けたほうがいいかも知れません。




ウォーキングでダイエット
ウォーキングの基礎知識
フォームと呼吸法・やってはいけない歩き方
ウォーキングの歩幅と速度、消費カロリー
ウォーキングで脂肪燃焼
ウォーキングの運動効果・歩数と病気の関係
ウォーキングの効果を上げるには
高速ウォーキング
坂路ウォーキングと階段上がり
ウォーキングの時間と頻度、効果的な時間帯
ウォーミングアップとクーリングダウン
水分補給・塩分補給
ウォーキングダンベル
水中ウォーキングの利点
自宅でステップ運動

 

投稿者: sdiet

簡単で長続く続けられる、健康的なダイエット方法を紹介します。 食事制限に頼らずに、運動を中心に、健康的にダイエットします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です