簡単・長続き!体に良いダイエット
トップ > 代謝をよくする方法

代謝をよくしてダイエット

歳をとると筋力が低下して基礎代謝も下がり、太りやすくなります。 血行をよくして体を温める食品を摂ることで、基礎代謝が下らないようにします。

基礎代謝を上げるには
1日の総エネルギー消費量のうち70%が基礎代謝によるものなので、基礎代謝が下らないようにすることが大切です。

食事を摂るだけでもカロリーを消費
食事を摂るだけでもエネルギーは使われます。食べたものを消化吸収することにも、胃腸などの内臓が活発に働いて、エネルギーが使われます。

1日5食ダイエット
1日2食から1日3食にするだけでも代謝は上がります。1日に同じ量を食べる場合、食事の回数が多いほうがエネルギーが余ることなく使われます。

体を温める食品と冷やす食品
体を温める食品が血行がよくして体脂肪の燃焼を助けます。逆に体を冷やしてしまう食品もあり、バランスよく食べることが重要です。

牛肉赤身のL-カルニチンが脂肪燃焼を助ける
脂を気にして肉を食べないようにしているのに太っている人や、運動をしているのに痩せにくいという人は、L-カルニチンが少ないのかも知れません。

キムチで代謝をよくし、お腹の調子を整える
キムチの材料は、食物繊維が多い白菜、血行をよくする唐辛子やニンニクなどで、ダイエット向きの食品です。

生姜で体を温め、代謝をよくする
生姜には血管を拡張させる成分が含まれ、血行をよくして体を温めます。体温が1度下がると、基礎代謝は10%も下がると言われます。

アミノ酸を摂って体脂肪燃焼
アミノ酸は筋肉をつくる材料になります。運動しているのに痩せないのは、アミノ酸が足りていないのかも知れません。

便秘になる理由と対処法
便秘になると代謝が悪くなって太り、代謝が悪くなると便秘を促進させ、悪循環に陥ってしまいます。

水分が不足すると太る
水分不足は熱中症の原因になるだけでなく、代謝が悪くなって太る原因にもなります。

金魚運動で下半身の血行をよくする
金魚運動により、血液循環やリンパ液の流れをよくして、代謝を高めてダイエットにつなげます。




 体によいダイエット
 簡単エクササイズ
 肥満種類別ダイエット
 効率よく痩せる豆知識
 低GIダイエット
 摂取カロリーを減らす
 代謝をよくする方法
 外食の栄養素
 痩せる料理・太る料理
 体脂肪を減らすツボ
 ウォーキング